◇翻訳や監訳を行いたい書籍を募集

「生物の科学:遺伝」

2018年 7月号

 株式会社エヌ・ティー・エスとの翻訳等に関する連携活動。同社は、遺伝学普及会の事業である「生物の科学:遺伝」の出版を担当している。「生物の科学:遺伝」は、高い専門性を持ちながらも、高校生を含む若い読者層への啓蒙活動をも意識した、特徴ある専門誌である。遺伝学普及会と同社との協力関係をさらに深める目的で、若い世代にも読んでほしい、生命科学分野の世界的に評価の高い専門書籍の翻訳を計画している。

 五條堀孝、池村淑道、高畑尚之を当初の選定メンバーとして、翻訳(監訳を含む)に相応しい書籍を募っている。同社は、比較的に高額書籍の翻訳出版を行った実績があり、翻訳をサポートする人材も用意できるとのことである。翻訳や監訳を行いたい書籍があれば、当院事務局(日本遺伝学会事務局)へご連絡を頂ければ幸いである。